店主の思い

『お茶の間 のおと』の 店主 お茶ソムリエの宮崎洋子と申します。

日本の大切な文化であるお茶を、産地の静岡県からしっかりと発信・継承していきたいという想いから、

2008年にお茶屋を立ち上げ、2013年末に浜松市天竜区にて

日本茶とお菓子を愉しんでいただく『お茶の間 のおと』を古民家でオープン、

その後2015年秋に浜松市東区半田山の木造の現代風一軒家に引っ越し、

より進化したお茶の飲み方を提案すべく

光と影、緑たくさんの空間にて『お茶の間のおと』を展開しております。

現在店内カフェスペースには28種の全国からのお茶とお茶に合いますお菓子、

茶葉を使ったお食事をご提供させていただいており、

ショップスペースではお茶全メニューの茶葉とその他の茶葉、急須やお湯のみ、

日本の良さをもっと多くの方に知っていただくため、全国からの日本の手仕事を集め販売しております。

季節ごとに日本の各県にフォーカスし、

その県の観光地などをご紹介すると共にその県産茶葉や物産もその期間中に販売しております。

日本の各県の魅力を再発見していただけたら嬉しく思っております。

店内ではお茶により親しんでいただくためのお茶の学校ほか、

月一回イベントを開催。お茶にフォーカスしたイベントから、

各方面の講師をお招きし、お茶とコラボしたイベントも開催しております。

店内にはギャラリースペースを設けており、

期間ごとに多くの地元の方の作品や趣味のものの発表の場にもさせていただいております。

その他当社は企業さまとのコラボやお茶の監修、お茶の卸しなども行っております。

お茶を淹れる時間・お茶の美味しさ・お茶と共に愉しむお菓子・

お茶と一緒にはずむ会話・お茶のアレンジ・お茶の栄養・お茶からもらうたくさんの癒しなどなど、

お茶のすばらしさをもっともっと伝えていき

お茶文化がしっかりと次世代に引き継がれますよう

これからものおとはお茶文化を発信・提案し、伝え続けていきたいと考えております。

お茶に関するご質問など、お気軽にお声をおかけください。

宮崎洋子